Ceramic Craft

Ceramic Instruct

陶芸講師の活動



◎2005(H17)年〜現在まで
 毎年1~3月に地元の保育園で卒園児との陶芸体験教室を
 やらせていただいてます。
(全3回でカップと自分の顔プレートの作成)
2018 卒園児との陶芸

◎1998(H10)年8月〜2011(H23)12月まで
 熊谷市の病院でのデイケアにて陶芸体験教室を
 月2回ほど10年以上続けさせていただいてました。
 初心者は湯飲みやフリーカップから始めて、
 数年続いた方は大きな作品も作成しました。
 作品が完成するとお茶会として,作品を使って
 感想をいただく趣向で楽しい思い出です。
◎地元・境島村公民館にて
 陶芸体験教室を2度開催。
 身近な地域の方々に陶芸の楽しさを知っていただく
 よい機会を与えていただきました。
◎2013(H25)年
 JA佐波伊勢崎 青年部の市部長の任をいただいたときに、
 農家の婚活イベント「農コン」にて
 陶芸体験教室をさせていただきました。
 カップル誕生の一助になったかどうかは分かりませんが、
 食べるものをつくる仲間がそのための器を自らつくる体験を
 お手伝いできたことはとても嬉しく誇らしい経験でした。



Ceramic Crafts Gallery

陶芸作品



◎1994(H6)年1月〜2005(H17)年12月まで
 都内でフリーのADなどをして、心身ともに壊れ、帰郷した私が
 リハビリテーションのように陶芸教室に入門。

 深谷市で教室をひらいていた渡部幸夫先生は、
 私の父が師事していて、小学2年の時わたしも作陶の
 楽しさを教えていただいていた方でした。
 成人し、きちんと基本を教えていただいたおかげで
 いままでもこれからも土にしたしみ、作品づくりを
 つづけられています。
 2016年急逝された渡部先生のご冥福を
 心からお祈りさせていただきます。
 陶芸に限らず先生に教えていただいた多くのことに
 不肖の弟子が少しでもお返しできることは
 これからの生涯もずっと土をひねって創りつづけることだと
 思っています。