iTunesのヘルプを読む

ヘルプを読む手順

iTunesのヘルプは、目次の項目がツリー表示になっているので、エクスプローラーと同じような左右のカーソルキーで関連項目に出入りすることができます。
また、画面内容をクリップボードに貼り付けてスクリーンリーダーで読むことも、他のソフトの編集画面に貼り付けることも可能です。

1.ヘルプの画面を表示させるには、まずiTuneseを起動して最初に出てくる画面をキャンセルします。
つぎにメニューバーの「ヘルプ」項目にキー操作で移動するために、alt+Hキーを押します。つぎに上下どちらかのカーソルキーで「iTunes ヘルプ」の項目でenterキーを押すと、ヘルプ項目がツリー表示されます。

2.キーボードショートカットを読むには、上記ヘルプのプルダウンメニューより「iTunes ヘルプ」でenter、または「キーボードショートカット」の項目でenterしますが、その中で表示されるツリー画面は同じ物のようです。

この画面でカーソルを下に移動して行くと、一番下に「キーボードショートカット」の項目があるので、enterキーにつづいてf6キーを押して画面を切り替えます。
これで、キーボードショートカットの一覧の画面が表示されるはずですが、もしヘルプの目次のような物が出てきたら、f6キーでもう一度元の画面に戻ってから再度f6キーを押すか、一度選択項目でenterキーを押してからf6キーを押して下さい。

3.その他の項目を読むには、目次より関連項目のカテゴリのところで右カーソルを押し、下に転回される関連項目を選択後にenterキー、つづいてf6キーを押せば、その画面がHTML形式で表示されるので、通常ホームページを読む要領で読めます。


iTunesを使うへ戻ります。

音声パソコン資料室〜番外編へ戻ります。

トップページへ戻ります。