万葉集の巻14東歌上野の国-3415
上毛野 伊香保の沼に 植え子水葱
かみつけぬ      いかほのぬまに           うえこなぎ
かく恋むとや 種求めけん                                かくこいむとや           たねもとめけん

現代語訳・・・上毛野の伊香保の沼に植えた子水葱の成長するのがこんなに待ち遠しくてたまらないのならいっそのこと子水葱など植えるのではなかった。

歌意・・・・・・今の苦しみの元になっている恋焦がれの種など、始めから求めるのではなかった・・・なんと苦しい事だろう
伊香保温泉露天風呂「温泉飲泉所」横の歌碑 榛名湖夕暮れ
周辺の見所 伊香保沼・・・今の榛名湖の事です
・温泉飲泉所
伊香保の湯は飲用では通風、慢性アレルギー肥満症等に効果があります。
これは天から降臨された神々が地上において旅の疲れと、のどの渇きを潤す為に飲用される水のみ場と言うことだそうです。
その神々が飲む水を人間が飲む事で神々の持つ力を持ちたいと言うのが発想です。
子水葱・・・水田や湖沼に自生する一年草で食用にも       なる。
・伊香保露天風呂
入浴時間は9:00〜19:00で入浴料は大人400円
・蘆花公園
・猿沢橋(紅葉の名所)

万葉集トップへ