8月28日(金)
[1時限]: 有機金属錯体のリン光を用いた低酸素病態検出法の開発

吉原 利忠
  分子科学部門 助教
 生体内の低酸素環境は、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病態に共通して見られる特徴であり、これらを光を用いて可視化する技術の開発が国内外で進められている。講演者は酸素濃度に依存して発光強度、寿命が変化する‘リン光’に着目し、室温で強いリン光を示すイリジウム錯体を用いた酸素感受性分子の開発を進めている。本講演では、リン光の特徴、生体で使用できるイリジウム錯体および酸素濃度定量法の開発について紹介する。

【お問合せ】
 連絡先:  財団法人 群馬大学科学技術振興会
        〒376-8515 群馬県桐生市天神町1-5-1
        群馬大学理工学部内 「群大科技振」
        電話 0277-20-8322 FAX 0277-20-8323