11月20日(金)
[2時限]: 高速光学系による動的撮像技術が拓く新たな映像表現の世界

奥 寛雅
  電子情報部門 准教授
 近年、ミリ秒で焦点距離や視線方向を制御できる高速光学デバイスが開発され、これまで遅いことが常識であった光学素子を、実は撮像周期と同程度の時間で制御することが可能であることが示されました。本講演では、高速光学デバイスとはなにか,またどのようなことができるのかについて概説し、またその応用、特に東京オリンピックに向けた新たな映像撮影手法を紹介します。

【お問合せ】
 連絡先:  財団法人 群馬大学科学技術振興会
        〒376-8515 群馬県桐生市天神町1-5-1
        群馬大学理工学部内 「群大科技振」
        電話 0277-20-8322 FAX 0277-20-8323