第7章 旅の終焉とその謎
 
 京に滞在していた彦九郎は、
光格天皇の実父典仁親王への尊号宣下が松平定信の反対にあい、保留されていることを知ることになります。

 寛政3年(1791)3月28日に文治の兆しとされる「神亀」を先帝の叡覧に入れるとあります。

 彦九郎は、緑毛亀の摺物500枚と
白木屋より金10両を借用して、寛政3年7月19日、あわただしく九州、四国への旅に出ようとします。九州では、翌年正月元旦、熊本城下の藪孤山宅で正月を迎えているところから「筑紫日記」は記されています。

 その後、薩摩国へ入国するため、熊本を出発しています。途中、米良街道を通り九州を横断しています。再び戻って薩摩街道に出て、
赤崎禎幹(海門)の手引きにより野間ノ関より薩摩に入り、薩摩藩で接待を受け滞在しています。

 薩摩では、開聞岳や坊ノ津を訪れています。この後薩摩を出発し、日向街道を北上し、延岡・竹田を経て、熊本に戻ります。しばらく滞在した後、熊本から日田・竹田・佐伯・日出・中津・日田・久留米へ到着し4日間滞在の後、筑前太宰府や博多を旅し、再び久留米を訪れ、
森嘉膳(嘉善)宅で自刃します。

 九州での彦九郎の旅は謎に満ちています。
前章へ戻る次章へ