[ 戻る ] 
日曜写真家 細野祐_ の
インド ウァラーナシ(ベナレス) Vanarasi 編

このページは、ウァラーナシ(ベナレス)Vanarasi 編 の写真のページです。
記述は私的な感想です。




インド到着です。空港からホテルに向い途中で、帰宅時間とも重なり道路は渋滞です。
4輪車のメーカーはインドのタタ、日本のスズキ、トヨタ、ホンダ、韓国のヒュンダイなどが多い
2輪車も多いがマークが分からない。ホンダハローという合弁?があるようだ。





夜の到着でインドの風景がどの様なところか分らなかった。
ホテルで起床、カーテンを開けると街が見えてきました。





ホテルに置いてあった新聞3種類です。中の1紙に、スズキとトヨタの記事がありました。
車種はアルトとアルテス(カローラ?)でした。





さあ、空路ウァラーナシ(ベナレス)Vanarasiへ
インド航空の窓から宿泊したホテルが窓の眼下右下に見える。





ウァラーナシ(ベナレス)Vanarasiに到着
街の風景はデリーと異なり、田舎と言う感じで人々の暮らしが見える。





ウァラーナシの街は人が多く世界2位の人口の一部が色々と活動していると思う。





夕方、人力の自転車タクシー(客2人の力車、前車に写る)に乗り、毎日夕方にガンジス河へ行きました。
沐浴場のガート(Ghat)では、毎夜、祈りの儀式が行われます。
この写真は力車の客席から街を撮影した1枚です。
手前に写す白系のシャツで赤いタオルを首に巻いたおじさんが力車の漕ぎ手です。
街の喧騒が写真では伝わらない事が残念です。
 




毎夜ガンジス河の沐浴場、ガート(Ghat)で行われる、祈りの儀式の様子です。
 




翌朝、暗い内からガンジス河の朝日を鑑賞に出発。 昇る朝日が美しく感動しました。
 




聖なる河、ガンジス河での沐浴の写真です。
信者は毎日、老若男女を問わず沐浴に来るそうです。
プライバシーの観点からスローシャッターの写真を掲載しました。
 




ガンジス河の沐浴場、ガート(Ghat)を船からの風景です。 寺院などが周囲にある沐浴場はヒンズー教の聖地です。

 


[ 戻る ] 

このホームページに関する御感想や御意見は、下記のアドレスにお願いします。

hosoyu3@gmail.com

日曜写真家 細野祐_の「インド旅行記」ページ  (C) Tasuku Yuichi . Hosono 2016 All Rights Reserved.
このホームページの写真は無断転載使用を禁止いたします。


ありがとうございました。