当院の紹介
マンモグラフィによる乳がんの検査を行っています。
最新のデジタルCR装置を備えています。

日本乳癌検診学会・マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の
認定であるマンモグラフィ検診施設画像認定を受けています。
マンモグラフィ

レントゲン室


院長 狩野貴之 
 

経歴
昭和62年群馬大学医学部卒。 専門 外科(乳腺内分泌外科を主に胸部腹部の内臓外科)
群馬大学第二外科(旧 臓器病態外科)で乳腺内分泌外科を専攻し、群馬大学附属病院、埼玉県立がんセンター、前橋赤十字病院、国立療養所西群馬病院などで常勤医師として勤務。乳腺甲状腺の診療や手術を多数経験。
群馬県健康づくり財団で乳がん・マンモグラフィ検診の嘱託医、乳腺専門外来担当(非常勤)。

平成17年より、群馬大学乳腺甲状腺外科在職中から、当クリニックにて乳腺専門外来を担当。
現 群馬大学附属病院乳腺内分泌外科(旧第2外科)非常勤医師、
群馬県内市町村の乳がん検診の検診医師、およびマンモグラフィの読影に従事。
同財団の乳がん検診専門委員会委員。

平成23年10月より、狩野外科医院院長。現在は理事長を兼任。

所属学会 
日本外科学会(外科専門医)、日本乳癌学会(乳腺専門医)、
日本乳癌検診学会(マンモグラフィ読影認定医A評価)、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会、
日本消化器内視鏡学会、日本癌治療学会、日本皮膚外科学会


名誉顧問 狩野好一郎

経歴
昭和20年 新潟大学医学部卒。
昭和31年 前橋市北代田町(現日吉町)に狩野外科医院を開業。
平成18年より医療法人一郎会狩野外科医院理事長。
平成23年10月より名誉顧問。
専門 外科(腹部外科) 皮膚科
日本法医学会検案認定医、群馬県警察検視警察医、群馬県警察医会理事、外科学会外科専門医、医学博士

受付

待合室

木目と白を基調とした落ち着いた雰囲気の院内です

超音波検査装置(エコー)

乳腺の診断には、乳腺専用のエコーを用います。
最新のエラストグラフィを備えた機種で行っています。
(日立メディコ製EUB7500)

胃の検診のために最新の電子内視鏡を備えています。
胃の内視鏡は 細径の経口、経鼻ファイバーです。(オリンパス社製)
全自動洗浄滅菌装置で高度水準消毒・滅菌処置を毎回行います。

検査室


<<戻る
乳腺外来の診察は主に第2診察室で行います。
撮影した画像はDICOMサーバに保存し、その場で
すぐにモニター診断を行って,説明いたします。
エコー検査や組織検査が必要な場合は、
引き続き隣の検査室で行います。

スタッフ

 医師以外は全員女性スタッフです。ご質問や気のついたことがあれば、遠慮なくスタッフにお申し付けください。
 レントゲン技師も全員女性でマンモグラフィ撮影有資格者が担当します。