群馬県観光情報 

welcome to Doukutsu(Dokutsu) Kannon Homepage!!
  English   Deutsch Chinese
上州高崎観音山

一般財団法人 洞窟観音山徳公園
三十三観音の御利益 洞窟観音
池泉回遊式と枯山水庭園、石庭と苔庭 紅葉と紫陽花 徳明園

創始者 山田徳蔵ゆかりの記念館 山徳記念館


徳明園が「ぐるたび」サイトにて「群馬県の庭園注目度ランキング2016年&2017年」1位、「DEECE」サイトにて「群馬県の庭園 人気ランキング2016」1位となりました。

●カーナビ検索は「山徳記念館」でお越し頂けます●

平日、土日祝日 午前10時〜午後4時最終入園(土日祝日は午後5時まで)


「徳明園の紫陽花」

近年徳明園の紫陽花も見ごたえ十分で評価が高まっております
徳明園には@池泉回遊式庭園、A枯山水庭園、B苔庭、C石庭がございます。
各所に散りばめられた紫陽花が、どことなく神秘的に感じられるのが特徴です。

初夏の涼し気な日本の庭園をお楽しみください。




◎ 洞窟観音の石庭 ◎

  

【善根の不動滝と洞窟観音の不動滝、徳明園の石庭】

 徳蔵の生まれ育った新潟県柏崎市の八石山には、「善根の不動滝」が今も地域の信仰の地として大切に守られております。
幼少期より信仰の篤い家庭に育ち、自ら進んで近くの寺に出入りしていた徳蔵は、この不動滝にも度々参拝に訪れておりました。

洞窟観音の坑道内には3つの大きな広間と滝がありますが、そのうち最大の広間(現在安全上の問題で見学不可)には、
この善根の不動滝を手本とした巨大な石の滝があり、その滝壺には楽山作の不動明王と家来が安置されています。
そして、滝を流れ落ちた八石山の湧水がその切り立った渓谷を流れる様子がこの石庭で表現されております。

柏崎からこの高崎に移住し呉服商として成功を収めても徳蔵は培った信仰の心と故郷へ感謝の思いを忘れず、この地にその風景を再現しました。

※ 徳明園の石庭(せきてい又はいしにわ)は永く未完成であったものを、平成30年に整備をしました。尚、本来石庭とは京都の龍安寺庭園のみの別称ですが、近年では石組を主体とした枯山水庭園を広くさすようになっております。



〜おしらせ〜


【 2018 洞窟観音 いけばな展 】

8月24日〜28日

本年はいけばな松風 塚越応駿副家元によるソロイベントとなります。
節目の年をこの洞窟観音にて渾身のいけばな展を開催致します。

自然の涼しさ満点の洞窟観音で、夏の納涼ご参拝といけばなをお楽しみください。
一見の価値ある人気イベントです!!




冬の洞窟観音 徳明園

凜とした佇まいを見せる冬の徳明園

心洗われる風景に出会えます。

ぜひのお越しをお待ち申上げております。

2015年12月11日撮影 午前の一瞬の風景です。朝もやに光が差し込み幻想的な雰囲気です(写真無修正です)

※2017年1月より徳明園の拡張工事を開始致しました。驚きと感動の日本庭園を目指して頑張っております。
完成時期は未定ですが、ぜひお楽しみにしていただければと思います。
※工事は通常来園には影響はございませんのでご安心してお出かけください※




※ペットのご入園に関して
洞窟観音坑内へはペット同伴は不可とさせていただきます。
徳明園へのご入園はキャリーバックのみ可とし、抱きかかえ又はリードは不可とさせていただきます。
皆様のご理解ご協力を賜りますようお願い申上げます。



お客様に安全にご参拝いただく為

2014年1月
洞窟内安全対策工事
として「安全通路」を設置致しました。
〜安心してご参拝いただけます〜





◆ こちらは洞窟観音のご紹介です ◆ ◆ 平成26年9月13日 徳明園で開催された「第5回悠久の魂」イベントの様子です ◆





徳明園のどこかにある秘密の洞窟です。

創始者山田徳蔵が防空壕として建設しました。

見つけられるかな?

奥まで入って覗いて見てください。

壁には洞窟観音造成時の紹介を掲示しました。

◆洞窟観音 徳明園 絵馬の奉納巡りをしてみませんか◆

「創始者山田徳蔵」と「ご縁」に纏わる園内3箇所に絵馬を奉納し御参拝頂きます。
その一 「十一面観音」  その二 「奉納赤石」  その三 「笑い閻魔と笑い鬼」

※詳しくは洞窟観音改札にて






※洞窟観音にお越しのお客様は専用駐車場がございます(洞窟入口入園券売場前=第一駐車場)


洞窟観音

400mの洞窟に石彫観音が33体ほか

明園

北関東随一の日本庭園

山徳記念館



マンガの原画/北沢楽天・手塚治虫・小島功ほか

山田徳蔵翁

洞窟観音創設者



「東北地方太平洋沖地震」被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます



 

問合せ

洞窟観音山徳記念館・徳明園の問合せ電話番号が変更になりました
027-323-3766 
※027-322-5025はFAX専用番号となりました。
大変ご迷惑をおかけいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

もしくは



冬の徳明園の様子
2月8日の徳明園の様子です。数10年ぶりの大雪で除雪が出来ない状態です。夕方特別にライトアップをしてみました。冬といってもこれは少々特別な風景です。。


 
↓ 「第二回 洞窟観音いけばな四人展」の様子です ↓

荘厳な雰囲気に華やかさが加わりまさに一見の価値ある催しです。
皆様のお越しを心よりお待ち申上げております!
いけばなに白いカビが自然に垂下がり趣をましております

2014.7/23 洞窟入口付近 17℃です(外気温32℃) 自然にとても涼しくなっております。
真夏の猛暑でも坑道内は常にこの温度が保たれております。納涼を兼ねてぜひご参拝下さい