デーリーサイエンスの探究

酪農生産者の要望に答えるため−
 私が獣医師になって初めて勤務したころ、平均乳量はまだ6500kg(/頭/年)位でした。(その後漸増して今は 多い牧場で11000kgまでになってきました。)その後幾度かの厳しい生産調整があり また農産物自由化の波の中、生産者の牛乳販売価格かどんどん低下し経営が難しくなって来ました。

 そして次のような要望が日に日に強くなりました。
  酪農が他の産業と比較しても充分に胸をはれる経済状態になりたい。どうしても一頭あたりの乳量を事故なくもっと上げていかなければならない。それと同時に、頭数ももっと増やしたい。そうした中で収入の安定化を図らなければならない。そうしないと後継者もできず酪農は駄目になると。

 そうした要求に対して、当時の私は、学校で習った獣医学だけでは、治療はできても、健康で乳量を引き出すすべは全く持ち合わせていませんでした。また乳熱の治療で点滴中、傍らで「どうに飼えば、乳熱にならないですむのかね」の問いに対して、これまでの獣医学では治療するための生理学、病理学、薬理学、内科学、外科学などは学んだけれど、先ほどの酪農家の率直な質問には全く答えられませんでした。この答えは私の学んだ獣医学の中にはありませんでした。それはDairy Science(酪農学、畜産学)のなかにありました。 それからが、この分野の独学の旅が始まったのです。
 以下はその遍歴を記します。

研修履歴
  昭和57年  ジョージア州立大学 Dr.M.E.McCullough「乳牛の栄養の基礎」を研修
  平成2年  ワシントン州 カーネーション牧場 広瀬慶一先生「生産獣医療」を研修
          アラン,ブリテン 乳房炎コントロール
  平成6年  ウイスコンシン州 Dr. A. P. Johnson 乳房炎防除、生産医療
 コーネル大学 Dr. LE.Chase「乳牛栄養学 CNCPS」研修
  平成7年  コーネル大学 Dr.Bill Stone 乳牛栄養学
 ニューヨークDHI粗飼料分析センター、DC305プログラムの講習
 ミシガン州立大学 Dr.M.S.Allen 乳牛栄養学
  平成8年  コーネル大学 Dr.L.E. Chase 乳牛栄養学
 ペンシルバニア大学 Dr.Ferguson 乳牛繁殖プログラム、CNCPS
 カリフォルニア州立大学 Dr.P.Jardon 乾乳牛マネージメントDCAD
  平成9年  フロリダ州 栄養コンサルタントDr.Rick Lundquist 暑熱下の牛群管理
 バーモント州 栄養コンサルタントDr.B.L.Perkins 乳牛栄養管理、DCAD
  平成10年  ネブラスカ州立大学 Dr.Rick Grant 乳牛栄養学 副産物の利用
 ニューヨーク州 Noco Farm 訪問
  平成11年  ミシガン州立大学 大場真人先生、乳牛栄養学 スターチの使い方
            Dr.W.G.Bickert 畜舎設計
            Dr. Mellenberger バイオセキュリテイー
  平成12年  コーネル大学 Dr. Bill Stone 生産獣医学 アシドーシス、
 ウェストバージニア州立大学 Dr.Hoover 炭水化物代謝と人工ルーメン
  平成13年  アイオワ州 National animal disease center(NADC)
         Dr.J.C.Goff 移行期牛の管理(DCAD、栄養、疾病予防法)
         木村花子先生 免疫と胎盤停滞
 カンサス州立大学 Dr.J.s.Stevenson 繁殖管理 Ovsynch Program
 ウイスコンシン州 Dr.A.P Johnson 乳房炎コントロール、牛舎設計
  平成14年  カリフォルニア州 Valley Agricultural Software Dr.connor Jameson
            DC305 牛群管理プログラムの顧客牧場主トレーニングを実施
  平成15年  コーネル大学 Dr.M.Van.Amburgh 子牛と育成牛の新しい栄養システム
           Dr.Victor Cortese(Pfizer) 子牛の免疫
           Dr.Overton, 移行期牛のマネージメント
           Agway 育成牧場視察(3800頭)
 カリフォルニア州 Cargil社の育成牧場視察(15000頭)
  平成16年  カンサス州立大学 Dr. M.J Brouk , J.P. Harner
             暑熱下の乳牛管理、栄養、畜舎構造
             Dr. Alberto B. Broce フライ(蝿)コントロール
 インディアナ州 Fair Oaks Dairyバーンミーティング
           12,000頭(2850×4棟) ロータリーパーラー(72頭)
 ウィスコンシン州 J&D Manufacturing社訪問
            ベンチレーション、ゴムマット等の理論、設置、現場視察
 ミズーリー州 デラハル社 ミルキングシステムとディビング製剤についての
          レクチャー
  平成17年  ウイスコンシン州 Dr. A. P. Johnson ラクトコーダーの使用方法(乳房炎防除)
            Dr .Jill Colloton 超音波診断実技
 ウイスコンシン州立大学 Dr.Nigel Cook 新しいフリーストールデザイン
                 Dr. Gary Oetzel 移行期の代謝障害とその予防治療
                 及川先生 脂肪肝とインシュリン耐性
  平成18年  アイオワ州 Trans Ova社 受精卵移植、IVF,クローン
 ウイスコンシン州立大学 Dr.Paul M. Fricke 繁殖プログラム、定時授精プログラム
                 Dr.Kent A. Weigel クロスブリーデイング
 オハイオ州 Select Sires社 人工授精
  平成19年5月  ニューヨーク州ホーマー EZ Acres Dairy(成牛650頭) 視察
 カリフォルニア州トラーレ River Ranch Dairy12000頭 視察
                 バンビューDairy 2600頭 視察
 Valley Agricultural Software Dr.connor Jameson
                 DC305プログラムの質疑応答
 栄養コンサルタントAnne Knappe
                 バイオエタノールの飼料原料への影響とチャレンジ

  平成20年9月

 ニューヨーク州イサカ
  コーネル大学QMPS(高品質牛乳生産サービス)訪問
  Dr.Ynte Schukken と Frank Welcomeの搾乳立会実習と講義

  コーネル大学(アニマルサイエンス) Butler,Ph.D
  繁殖と栄養の講義

  LR Gehm, LLC社
  Copulsationミルカーの理論

 ミネソタ大学 K.A.Janni
  コンポストバーンの講義と牧場視察

  平成22年4月
  (荒木)

 ウィスコンシン州立大学
  乳房炎コントロール(予防と治療) Pamela L.Ruegg DVM
  蹄病コントロール Arturo Gomez,DVM
  炭水化物の代謝 Mary Beth Hall

 ニューヨーク州  シラキュース
  AMTS栄養プログラム講習 T.P. Tylutki

  平成24年


 顧客牧場6名を引率

 ウィスコンシン州 
  Central Sands Dairy(3300頭搾乳)を視察
  Larson Acres Dairy(2400頭)を視察 クロスベンチレーションシステムと陽圧換気システム
  Larson Acres クロスベンチレーションシステムと子牛陽圧管理システム
  Prairieland Dairy(1100頭)を視察 クロスベンチレーションシステム
  Kellercrest Registeered Horsteinsを視察。子牛陽圧換気システムと育成牛舎

 ウィスコンシン大学
  Dr. Kenneth Noldlund
   子牛陽圧換気システム
   TCI(移行期インデックス)
  Dr. Nigel Cook
   蹄病コントロール
   牛舎レイアウト

 ニューヨーク州
  AMTS CEO, Dr.T.P.Tylutki PhD
   育成牛のターゲットグロースシステム


  平成25年

 イリノイ大学
  Dr.James Drackley 子牛セミナー

 イリノイ大学
  Dr.James Drackley 成牛の脂質代謝

 バージニアテック
  Dr.Bob James 子牛(初乳、免疫、乳腺)

 バージニア
  農場視察

  平成27年

 Summer Dairy Institute 参加(諏訪)

  平成28年

 Wisconsin Dairyland Initiative Workshop 参加 (諏訪)

  平成29年

 Cornell Nutrition Conference (Syracuse NY)