国定忠治 公式ファンクラブ(国定忠次)

国定忠治(長岡忠次郎)

群馬名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、焼きまんじゅう 群馬名物の焼き饅頭、国定忠治、焼きまんじゅう
群馬名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、焼きまんじゅう 群馬名物の焼き饅頭、国定忠治、焼きまんじゅう 群馬名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、国定忠治 群馬名物の焼き饅頭、国定忠治、焼きまんじゅう
群馬名物の焼き饅頭、国定忠治、焼きまんじゅう 群馬名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、国定忠治 群馬名物の焼き饅頭、国定忠治、焼きまんじゅう 群馬名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、焼きまんじゅう

国定忠治[くにさだ・ちゅうじ]
文化7年〜嘉永3年
(1810〜1850)

1810年・文化7年、上野国佐位郡国定村(現:群馬県伊勢崎市東町)屈指の富農、長岡与五左衛門の長男(忠次郎の名から次男という説もある)として生まれる。苗字を与えられていたことからしても、なかなかの家柄だったらしい。
「短身肥大、眉毛は長く、目つきに凄みがあり、虫も殺さないようでいて、人を寒からしむる凛然たる気のみなぎる真の侠漢なり・・・」 足利の勤王画家・田崎草雲


1830年
文政13年
百々村(伊勢崎市境百々)の紋次親分の死去により、その縄張りを大前田栄五郎より譲られる。 本妻はお鶴。有名な妾は「田部井村のお町」と「五目牛村のお徳」

忠治が売り出し中の天保4年から同7年にかけて凶作が続き、農民は窮地のどん底にいた。世に言う、天保の大飢饉である。このころは、幕府体制の弱体化による汚職や政治の乱れからか、上州の大前田栄五郎、駿河の清水次郎長、江戸の新門辰五郎・江戸屋虎五郎、甲斐の黒駒勝蔵等の日本を代表する任侠の祖が当時の関八州でしのぎを削っていた。

田部井村の磯沼の浚渫工事を領主から請け負った名主の西野目宇右衛門(後に病気の忠治を匿った罪で、打ち首になった)が、工事用の小屋と偽って忠治と共謀し賭場小屋を作ったとして罰せられた記録が残っている。賭場での儲けとはいえ、稼ぎを投げ打って灌漑用の溜池を普請したり、貧しい百姓達に金銭を施すなどして、飢饉で死者が続出する中も、百々の縄張りでの餓死者は一人も無かった。こういったことから忠治は地元の義賊的英雄となった。
 忠治の手配書が各地に配られ、八州取締出役がやっきになる中、追っ手から何度となく逃げおおせたのも、生れついての勘や用心深さに加えて、民衆の絶対的人気があったからだろう。
忠治が磔になってから18年すると明治(1868年)になり、地元の人気物は、講談という形で日本中に伝わった。「馬方忠治」「岩鼻代官殺し」「赤城の子守歌」など。大正に入ると国定忠治は大衆文学の対象となり、松竹キネマの初トーキー「浅太郎赤城の唄」、赤城の子守唄、東海林太郎の名月赤城山、新国劇「国定忠治」等で忠治の生涯はますます脚色された。新国劇の「赤城の山も今宵限り・・」で始まるセリフはあまりにも有名で、地方回りの劇団の出し物としては一番人気だった。

県内での「群馬を代表する人物は?」というアンケート調査では、今になっても福田、中曽根、小渕元首相に大きく溝を開けて国定忠治がダントツのトップとなっている。ただ、最近は群馬県人でもクニサダをコクテイと読んでしまう若者も出てきた。

忠治の博才にあやかろうとする人は、国定忠治の墓へ行ってみてはどうでしょうか。もっと、国定忠治のことを知りたい人は、国定忠治の無頼日記紙芝居国定忠治物語をご覧下さい。
1834年
天保5年
大博徒の島村(伊勢崎市境島村)の伊三郎を斬り、子分の三ツ木(伊勢崎市境三ツ木)の文蔵等と大戸の関所(吾妻郡東吾妻町)抜けをし、信州中野の貸元に身を寄せる。この事件で、忠治は関東一円にその名を馳せる。
1836年
天保7年
信州中野の博徒原七に殺害された忠治の義弟、茅場ノ兆平の仇を討つために、鉄砲や槍を持った20人もの子分を従えて、白昼堂々、大戸の関所を破る。当時の太平の世では、関所破りは、50年か100年に一回あるかないかの大罪であった。
1842年
天保13年
世良田(太田市世良田町:徳川氏先祖の地として手厚い保護を受けていた聖地)で内々の賭場を開帳していたところを関東取締役の手入れを受け、多くの子分衆を失うものの、忠治はかろうじてこの捕り物から逃れた。その賭場に子分の板割の浅太郎とその叔父の勘助がいなかったことから、ふたりを密告者と疑い、首実検として浅太郎に勘助の殺害を命じた。それ以降の数年間、忠治は消息を絶つ。

忠治が、遠州を西へ旅していた時に掛川の博徒で堂山の龍蔵という親分の世話にならず旅籠に泊まったことがあった。面子を潰された龍蔵は激怒、追いかけて命を取ろうと忠治の前に立ちはだかったが、相手が堂山と確かめた忠治は顔色一つ変えずに「忠治の伊勢参りだ。共をするか」と台詞を残し去った。呆気にとられた堂山だが、ずっと後まで この忠治の度胸の良さと男振りを褒め称えたという。(ウィキペディアから)
1849年
嘉永2年
子分の境川安五郎に縄張りを譲る。
1850年
嘉永3年
8月24日未明、上州田部井村(伊勢崎市田部井町)の庄屋、西野目宇右衛門邸の納屋で妾のお町の看病を受けているところ(脳溢血で足が不自由だった)を、八州役人、中山誠一郎の指揮する捕手たちにより捕縛、詮議のため江戸送りとなる。
1850年
嘉永3年
12月21日、自ら破った、上野国吾妻郡大戸村大戸関所で磔の刑に処せられる。享年41。


上州無宿国定忠治、やきまんじゅう群馬の名物・焼饅頭・焼き饅頭焼饅頭の上州忠治茶屋の由来群馬の名物・焼饅頭・焼き饅頭上州無宿国定忠治、やきまんじゅう群馬の名物・焼饅頭・焼き饅頭焼まんじゅうのご注文群馬の名物・焼饅頭・焼き饅頭焼まんじゅうの忠治茶屋へのアクセス群馬の名物・焼饅頭・焼き饅頭焼饅頭の上州忠治茶屋の調理方法群馬の名物・焼饅頭・焼き饅頭焼き饅頭の上州忠治茶屋へのメール群馬の名物・焼饅頭・焼き饅頭
[群馬といえば] [忠治茶屋] [商品の注文] [忠治茶屋と国定忠治]
焼き饅頭、焼まんじゅう、国定忠治



群馬名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、焼きまんじゅう群馬名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、焼きまんじゅう群馬県名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、焼きまんじゅう群馬名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、国定忠治群馬名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、焼きまんじゅう群馬県名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、焼きまんじゅう群馬県名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、焼きまんじゅう群馬名物の焼き饅頭、焼まんじゅう、焼きまんじゅう
饅頭 焼き饅頭 まんじゅうネットショッピング 饅頭・通信販売 饅頭