パラオのGT釣行記/ボート・チャーター
パラオの釣り・タックル・左 パラオの釣り・タックル・ホーム パラオのGTフィッシング・釣行記 パラオのGTフィッシング・タックル パラオのGTフィッシング・歴史 パラオの地図 パラオのGTフィッシング・検索エンジン パラオのGT釣り・リンク集 パラオのGTフィッシング・右
パラオ・GTフィッシング 
1998(GT) 1999(GT) 2000(GT) 2001(GT)
2002(GT) 2003(GT) 2004(GT) 2005(GT)
2006(GT)

パラオGTフィッシング倶楽部/釣りクラブ
僕の本格的な釣り人生は、”A River Runs Through It”を見て始まった。映画は
In our family, there was no clear line between religion and fly fishing.
の名文で始まる。確かに、釣りには宗教に似た何かがあるように感じる。釣りが魚を捕るための手段であることは今も昔と変わりはないが、人の食(物質)を満たすために生まれた釣りが、今は人の魂の糧になっているんだろう。僕は今、釣りに生かしてもらっているという風に感じる。GT(Giant Trevally)を最初に釣り上げる人の多くが涙を流すが、それも、GTフィッシングの持つ精神的な何かがそうさせるのだと思う。釣り師のGTに寄せる畏敬の念がGTFを「キャスティングの最高峰」と言わしめているのだろう。 なにはともあれ、僕はGTにゾッコンである。
そんなことで、今年もパラオにやって来た。サンゴ礁に囲まれた豊かな海に感謝をしながら、サカナを神からの授かりものとして扱うパラオのガイド達とボートで4日間を共にした。

パラオ釣行記(GT)2006
パラオ釣行記(GT)2005
パラオ釣行記(GT)2004
パラオ釣行記(GT)2003
パラオ釣行記(GT)2002
パラオ釣行記(GT)2001
ケアンズ釣行記(GT)2000
パラオ釣行記(GT)1999・1998
北海道・サーモンフィッシング1999


群馬といえば

饅頭・まんじゅう