本文へスキップ

新しい視点で群馬大学と地域に貢献

The association for the
advancement of Science & Technology, Gunma University

沿革history

設立 Establishment

設立

昭和58(1983)年3月14日に設立申請書を群馬県教育委員会に提出。3月22日付で許可され、4月1日登記を完了し、設立。


運営の変遷 Change in operation

運営の変遷

(1) 創立期(1983〜1988)
    資産増強・1,600万円から1億6000万円へ手探りの助成事業
(2) 安定期(1989〜1995)
    高金利・高配当の安定期助成項目の充実
    助成項目の充実
(3) 変動期(1995〜2000)
    低金利・配当収入減少対策
    a) 外債運用の取り入れ
    b) 科技振セミナー開催で、賛助会費の増収を計画
    c)HiKaLo設立と分担事業
(4) 安堵期から急変期へ(2001〜2016)
    配当収入が安定化し、事業やや拡大したのも束の間、2008年度後半
    よりの金融危機・円高のあおりで、配当金急減、対応策急務となる。


資産 Property

資産のすべては、群馬大学工学部同窓生、関連企業並びに桐生市からの寄付による。設立時1,600万円、1987年に1億6000万円となり、その後、逐次増加して現在に至る。

基本財産 214,179,270円
流動資産 6,577,067円
資産総額 220,756,337円
(平成27年度)

お問合せ先

〒376-8515
群馬県桐生市天神町1-5-1

TEL 0277-20-8322
FAX 0277-20-8323