本文へスキップ

新しい視点で群馬大学と地域に貢献

The association for the
advancement of Science & Technology, Gunma University

科技振セミナーseminar

平成30年度 科技振セミナー開催案内

主催: (財)群馬大学科学技術振興会
NPO法人北関東産官学研究会
共催: 群馬大学理工学部、
群馬大学産学連携・知的財産活用センター

本年度の特徴は

講義と実習を併せたワークショップでは機器分析センターの機器を利用し、希望の分析ができる試験分析の講座があります。ワンポイントセミナーは、流体騒音対策と新しい合成プラスチックスです。

 「ワンポイント・シリーズ」は、群馬大学大学院理工学府の先生方の最先端の研究を、従来通り専門外の素人が理解出来るように、極力ワンポイントに絞って、難しい論理や数式の展開などよりは、基本的な考え方や、得られた結果の要点をやさしく話していただくことをモットーとしています。そのため、敢えて講演時間は35分と短くし、質疑応答の時間を多めの15分にしてあります。
 ワークショップは、講義でポイントを知るとともに一層理解が深められるように、研究室で見て体験することを行います。
 振動や力の測定、流れの見える化、測定、材料の劣化と破壊、信頼性評価、センサの特性など工場や研究所で日常的によく行われ、要請されることについて、わかりやすく説明するとともに、実際に測定を行い、正しい使い方を学ぶとともに測定結果の解析を行います。また、材料の分析方法、分析機器の操作方法と特定課題について試験分析ができます。講義については受講人数に制限はありませんが、実習は12人程度です。

平成30年度 セミナーの概要

1)開催日
原則として毎月第3金曜日の午後13:30〜
(6月、8月、1月(第4金曜日))

2)会場
    群馬大学 桐生キャンパス 1号館(事務棟)4階 第1会議室
    (大学の都合で変更する時はお知らせします)

3)参加登録:
 「セミナー参加者登録表(ここからダウンロード。)」所定事項をご記入の上、財団事務局にFAXまたは郵送してください。毎月の開催案内を差し上げます。
(なお、随時受け付けますので、後日でも結構です)

【 セミナーの詳細 】

(1)年間スケジュール
原則として毎月第3金曜日の午後13:30〜(6月、8月、1月(第4金曜日))
(下表の演題は簡略化しています。正式な演題は講師名をクリックして要旨を)

開催日
月/日
1時限 (講演)  (質疑)
13:30〜 14:05 (15)
休憩
15分
2時限 (講演)  (質疑)
14:35 〜15:10 (15)
6/22
(金)
山口 誉夫
知能機械創製部門 教授

【振動と音の基礎と対策法】
山口 誉夫
知能機械創製部門 教授

【測定実習と結果の解析】
(受講人数は12名程度。企業の若手優先)
7/20
(金)
荘司 郁夫
知能機械創製部門 教授

【微細接合部の信頼性評価】
荘司 郁夫
知能機械創製部門 教授

【測定実習と結果の解析】
(受講人数は12名程度。企業の若手優先)
8/24
(金)
林 史夫
機器分析センタ 准教授

【分析基礎T(センター分析装置の特徴など)】
林 史夫
機器分析センタ 准教授

【分析基礎U(分析目的と分析方法など)】
(受講人数は12名程度。企業の若手優先)
9/21
(金)
林 史夫
機器分析センタ 准教授

【分析基礎T(触れてみよう)】
林 史夫
機器分析センタ 准教授

【分析基礎U(希望応需)】
(受講人数は12名程度。企業の若手優先)
10/19
(金)
荒木 幹也
知能機械創製部門 准教授

【流体騒音の特徴とその抑制技術】
覚知 亮平
分子科学部門 助教

【新しい合成プラスチックス】
11/16
(金)
松原 雅昭
知能機械創製部門 教授

【材料の破壊及び材料試験】
松原 雅昭
知能機械創製部門 教授

【材料の破壊及び材料試験】
   講義後に研究室見学
12/21
(金)
石間 経章
知能機械創製部門 教授

【身近な流れをはかってみる】
石間 経章
知能機械創製部門 教授

【測定実習と結果の解析】
(受講人数は12名程度。企業の若手優先)
1/25
(金)
中沢 信明
知能機械創製部門 准教授

【加速度センサのしくみと応用】
中沢 信明
知能機械創製部門 准教授

【測定実習と結果の解析】
(受講人数は12名程度。企業の若手優先)


お問合せ先

〒376-8515
群馬県桐生市天神町1-5-1

TEL 0277-20-8322
FAX 0277-20-8323