営業なんて嫌いだ!でもやるっきゃない人へ、心得、基本、コツ、話し方、身だしなみ

営業に向いてないって思い込みしてる人、これから営業マンになるかどうか迷っている就活中の大学生、突然、営業職に配属されちゃった人へ、「営業の心得、コツや基本、営業トーク」を営業を31年やってきている現役営業マンが本音で語るよ!当サイトがあなたの営業活動や就活に、お役に立てたらうれしい。

売れる営業マンと売れない営業マンの違いとは。

細かい営業テクニックより、モノの見方、考え方が営業成績に大きく関係する。たとえばあなたが扱っている商品、サービスの顧客を思い浮かべてみよう。市場は飽和状態だから、こんなものそんなに売れるはずがないと思って営業活動していると、あなたのお望みどおり「売れない」。



 

営業マンの心得とは。

「人にモノやサービスを売る」ための心得は何だと思う?
「相手」つまりお客様にギブしている?
まさか「くれくれマン」になっていないよね!?

 

◎信頼される営業マンになるには?

「お客様との信頼関係は築けたか?」
よく上司に問われるね。新人の時は「信頼関係?」・・何それ、と思った。そもそも売り手と買い手の信頼関係ってなんだろう。
何でも「ハイ、ハイ」では単なる御用聞きだよね。接待攻撃も嫌いだし。
お客様とお友達になれれば信頼関係か築けたことになるのだろうか?


◎営業の仕事とは?

「あなたが提案した商品やサービス、そしてあなた自身をお客様が認めてくれること」
今や、ネットと営業ツールを使用することで、効率的な営業活動が行えるようになっているね。ただ、「営業の根っこ」は何年、年十年経っても同じだよ。
営業の根っこをしっかりと習得してそれを実行に移していけば売れる営業マンへとなっていく。


◎売れる営業マンの話し方。

春子さん「今、キャンペーン中なので買ってください」

夏子さん「今。キャンペーン中なのでお得です」

あなたならどちらの人の話しを聞きたくなる?

会社の都合を言われてもお客様の心は動かないよね。

モノを売るときには買う側の立場を考えた言葉を選ぼう。

同じ条件、同じお客様でも話し方、言葉の選び方で売り上げは変わるよ!





FORYOU

■ちょいと営業エピソード



▼泣き落としって・・そんな営業方法があるなんて▼

営業をしている女性がお客様から注文をもらいたくて泣いた。
「注文が取れないと会社に帰ってから上司に怒られるんです」といいながら涙を本当に流してお客様の同情を買い、契約をもらった。
このやり方ははっきりいって「へなちょこ」。
かわいそうな営業、情けない営業で売れても、そんなヘナチョコスタイルは、長続きしない。自分も疲れる、お客様も疲れる。
お客様にとって「また、来てほしい営業」にはなれない。

 

今、目標に達成できなくてへこんでる営業マンへ。

どうしてこんなに頑張っているのにうまくいかないんだろう。

このまま営業職を続けられるのだろうか・・

スランプ・・。やる気がでない・・。

そんな時、私だったら・・寝る!

老けている営業マンの実年齢!?

初対面の、土木関係の営業マンの年齢を聞いてびっくりした。

見た目は50歳くらいかなあ、と思っていたが実年齢はなんと28歳!・・

どうやら取引先に甘く見られないように「老ける努力」をしているという・・。

うーん、そういう営業マンもいるんだねえ・・


◎営業職の魅力。


営業活動の楽しみはいっぱいあるね

1.自分の好きなランチが食える。

2.どーしても相性が合わない客には売ってあげない(思うだけ)

3.喫茶店で居眠りできる

4.売れたらボーナスアップ♪

5.合コンでお話しできるようになる

6.おしゃれできる

7.社内禁煙関係なし

8.子供の授業参観に行ける

9.交渉事がうまくなってくる

10.子供の受験面接でさりげなくPR出来る話術。

11.母校の甲子園での活躍をスマホで見られる

12.営業先の事務員さんと結婚(実際に多い)

などなど!


◎飛び込み営業の効果的な方法。

 

「飛び込み営業」は訪問する時刻によってはお客様に迷惑となることがある。
ならば、飛び込む際の時間(時刻)に気を付ければよいだけだ。(具体的な時間帯は下記参照)


飛び込み訪問件数だけを確保するためにお客様に迷惑を与え、自分にとっても売上に結びつかない苦労は避けたほうが賢明である。
ここで飛び込みの際に無駄にならない具体的な時間帯を提案する。

(一般家庭がターゲットの場合)
AM 10:30-11:30 PM 1:30-PM 4:30 が良い
特に重要なターゲットはAM 11:00 か PM 2:00 からPM 3:00 を狙う。
--この時間帯は一日のうちホッとする時間帯なのである。

 

(企業がターゲットの場合)
業種によって異なるが午前中は始業時間から一時間は経った後が良く
午後はPM 1:00 からPM 1:30 がゴールデンタイムである。

--この時間帯は総務担当者が心を許しやすい時間帯なのである--


次に良い時間帯はPM 3:00 前後又はPM 5:00 前が良い。

*10 時のおやつ、昼食後のひととき、3 時のおやつ、もうすぐ終業時間だ*
というゴールデンタイムを逃すな!

 

この時間帯だったら余程のへまをやらない限り、時間を取ってくれる可能性が高い。


 

▼くたびれた営業マン▼

「あ〜、くたびれた営業マンだなあ。と思ってしまう瞬間。

まず、誰もが感じる事は元気のない営業マンから買う気にはならないという事。
でかい声を出せばいいわけではない。

お客さんは瞬間的に会った営業マンの覇気を感じ取る。

気が抜けた、やる気のない営業とは取引したくない。

そのように思われない為に気を付けたいのは、靴の底。

靴の底が減っている営業マンほど仕事をしている証拠だ、というのは昭和初期生まれの人の考え方。

私のような、がに股くんは外側だけ減る。減ったかかとは修理するか買い換えよう。

 

◎あい。お待たせしましたー!「※営業マインド200連発!」

営業をする上でどのような考え方をすればうまくいくのか?・・
それは現役営業マンがどのように世の中をみているかということを知れば営業の考え方を理解することができる。
あえて詳しい説明はしないのでご自分の感性で読み取ってね。
それでは始まりはじまり。。

001.話をするときに「理屈」から入る人は「自信がないか、後ろめたい時である」

002.「こうすれば必ず売れる!」と断言する人は「営業経験がない人か、いい加減な人である」

003.会話をしている時に「相槌をなんどもしている人」は「あなたの話に飽きている」

004.あなたを信用してない人ほど「あなたを信用して・・と何度も言う」

005.「私って嫌な人間だからさあ〜。」と大声でいう人は「自分のことを立派だと思っている」

006.「子供に期待する親」ほど「自分に自信がない」

007.「夫の悪口を言う人」を見ていると「夫より悪い妻」が見えてくる。

008.「自分はもう年だからさあ〜」という人ほど「そんなことはないよ」という返答を切望している。

009.待ち合わせ場所に遅刻する人ほど「自分のことばかり話す」

010.会う度に「第三者の話題を口にする人」は「自分の話題に触れたくない人」である

011.自信がない人ほど「偉そうにする」

012.「苦労はしたくないよ」といつも言っている人は「今、苦労している」

013.昔は「今の若い者は全く・・」と言われていたが、今は「最近のオヤジは・・」と言われている。

014.人にたくさん誉められると「天狗になってしまう」というが、天狗になると「魔法が使える」。

015.「計画」を立てるのがうまいのに「実行」できない人は「計画を立てた時点で達成感を感じている」

016.「俺は天邪鬼だからさ、」と言う人は「みんなに認められたいと思っている」

017.武士の時代からかなり月日が経っているのに未だに「沽券にかかわる」って・・。

018.「俺は2番手が好きだから」という人の話を聞くと「本当は一番になりたくてもなれない理由」が見えてくる。

019.今は、親が子供に「気をつかっている」

020.他人の意見に左右されてしまう人は「素直な人」である

021.「三つ子の魂、百までも」というけど、私は三つのときの記憶が全くない。

022.ビジネスのノウハウ本を読みすぎると「わけがわからなくなる」

023.最近のおじさん営業マンは「て、ゆ〜か・・」を連発する。

024.ビジネスパートナーを決めるとき「俺は欲がないから」という人は要注意。

025.やっぱり実際に「会ってみる必要がある」

026.年末になると神社のCMや広告が目立つ。神様も宣伝してるんだから・・・

027.今年が終わっていないのに「来年こそは・・!」と言っている人が多い。

028.「早起きは三文の得」を夜型人間が実践すると「具合が悪くなる」

029.疲れていないのに「お疲れ様でーす。」と挨拶されると「妙に心地イイ」

030.あなたの言っていることが「嘘」ではなく「ほら吹き」なら、実現できるはずだ。

031.昔は「女は泣き虫であり、男に甘えていた」今は「男が泣き、女に甘えている」

032.こんな女房をもらっちゃって・・とお嘆きの貴方へ、「奥さんは貴方より嘆いている」

033.そう言った意味での「イイ情報」は求めなければやってこない。

034.あんたの思い通りに世の中は進まない。

035.恥ずかしがりやさんへ一言。「本当は目立ちたいのでは?」

036.実力主義の世の中になっているのに未だにあなたは「自分の年齢」を自慢している。

037.元気な人、勢いのある人は、「勝つ」。

038.何で自分に出来ないことを他人に強制するの?

039.色んな人がいるから世の中、面白い。

040.女はいくつになっても「若返りたがる」。最近、男も同様。

041.「いつでもどうぞ。」は価値が下がる。

042.「寝る間も惜しんで仕事しています。」ってカッコイイ?

043.「苦あれば苦あり」。

044.「木を見て森を見ず。」というが実は木も見ていない。

045.あなたは「イチロー」ではなく、「あなた」。

046.いつまでも実行に移せない人は「自分だけが、かわいい人」。

047.胸を張って歩き過ぎると「自分だけでなく相手も疲れる」。

048.「世間が悪い」「景気が悪すぎる」「政府が悪い」ではなく「貴方自身が悪い」。

049.自己PRしない人は「恥ずかしがり屋さん」ではなく「責任を負いたくない人」。

050.涙には2通りある。「自分のための涙」「人の為の涙」。

051.「恥じらい」を持っている人は幾つになっても「美しい」。

052.「自分のこと」は「自分」が一番良く知っている。でも「知らないふりをしている」。

053.わがままな人は「自分を持っている人」。

054.「自分を持っている人」は「へなちょこな自分を認める人」。

055.「なんか・・感じ」は意外と当たっている。

056.つらい時に「やつあたり」してしまう相手が、「一番、気を許せる人」。

057.「あなたの表現」は「あなたしか出来ない」。

058.二捨択一。「悪いニュース」、「良いニュース」。

059.あなたの仕事の「原点」は何? 私は学生時代の「ゴマすり器の実演販売」バイト。

060.お客様の悪口を言った後の「あなたの気持ちは?」。

061.営業の秘策を一発、「とっつきにくいお客様ほどあなたの味方になる!」

062.「あたしは決め付ける人ではない」と堂々と言える人は「あんたを決め付けている」。

063.鯰は10時に寝る。・・・このことがわかれば「収穫」が訪れる。

064.「ナマズ 」と読めた方を 尊敬しちゃう。

065.「営業の学習」は「お客様からの宿題」。

066.息子が言った。「かあちゃんは怒ってばっかりいる」。

067.かみさんが言った。「全く、反抗期なんだから」。

068.わたしは・・・・・・旗を交差した。

070.営業の場合、責任転嫁が身を滅ぼす。

071.冷え性になった。でも心は「アチチ」。

072.風邪をひいているのに人前で堂々と咳をする人。

073.世の殿方たちへ、「かみさんに勝負を挑むなんざ、1000年、早いじょ」。 

074.クリスマスソングが「つらい」か「楽しい」かは、・・自分で決めることが出来る。

075.もう今年も終わりだ・・「毎年、同じ事を言っている人は進歩していない」

076.カプセルの薬をうまく飲めない人は何故だかわからないけど「優しい人」

077.ここで一句。「熱燗をあっためすぎると、酒じゃない」

078.転職先の会社でうまくやっていけるかどうかは「あなたの能力」よりも「会社の環境」に大きく影響される。

079.まずは「会社の人間関係」をあなた自身が読み取ること。

080.世の中、むづかしく考えると何故かむづかしくなる

081.雪が降ってもノーマルタイヤでスマホ見ながら運転している人ってどう?

   082.「自慢」している人って「輝いている!」

083.最近、だじゃれが言いたくてしょうがない・・。

084.誰だー。「だじゃれ」を「おやじギャグ」と変換する人はー。

085.もう、我慢できないので一句。「えい、えい、ぎょー!・・・・・。」

086.キーボードに向かったら何を打つか忘れた。やっぱ、キーボードは嫌いだ!

087.なんで目の前にいるのにチャットで打合せしてるの?

087.ためいき。いいじゃん。

088.新聞を読むとき、ひじが伸びるのは何故だ!。

089.子供に「しっかりしな!」と言った後、ふと、「まず、自分がしっかりしなくては・・」と思った。

090,自分を押しとおすと・・・・苦しくなる。

091.あなたの「心」、燃えてますか? 自分の炎ではなく相手の炎で自分の顔を照らしてみて。

092.頼って喜ばれる人と、そうでない人がいることを覚えよ。

093.コンビニに行くとアミノサプリにするかダカラにするかチョビット迷う。迷いすぎると決断力がなくなってくる。意外なことかもしれないがこんな些細な事でも迷わずに決める習慣を身につけると営業成績が上がってくる。

094.お客様の「きげん」が良いときに一気に攻める!

095.うどんやさんに若い女性が少ないのは味ではなく 、「おやじのシーシー。と雰囲気。」

096.おやじくさい雰囲気が嫌いな私(おやじ)がうどんやヘ行った。食い終わった途端、食器のみならず茶のみも撤収された。

097.究極の奥義・「押すと引く」。「引くと近寄ってきてくれる」。

098.聞いてもいないのに自分の苦労話をする人は、「自己主張できる人」ではなく 「自分勝手な人」。

099.「自分勝手な人」が素直な心を取り戻せば「自己主張」に変身する。

100.「言葉」は人間の「最悪の表現」になったり「最良の表現」になったりする。

101.売れる営業マンと売れない営業マンの「口癖」を再確認して!

102.お客様の為に行動するということは「接待」ではない。

103.世界最強はアメリカではなく「主婦」だ。

104.熱いココアはやけどする

105.あんたの決め球は「ストレート」ではなく「シンカー」かも。

106.かも・・かも・・「かもめーが飛んだー、かもめーが飛んだー」お客様が何を好むか「あなたのレーダー」で察知。

107.仕事がうまくいっている人は、必要なくなったコト・思い出を切り捨てている。

108.二十年ぶりにフォークギターの弦を張った。弾いてみた。指先が痛くなった。何日か弾いたら、痛くなくなった。コレ仕事にも通じる。

109.友人の、かみさんが駐車場で車をコツンとぶつけた。相手の車には人は乗っていなかった。友人は半日かけて相手を探した。 やっと見つかった。相手に謝った。相手は快く、勘弁してくれた。 見てもわからない程度のぶつき方だった。

110.白旗を上げるのは自分の意志。

111.自分のラッキーナンバーを信じると良いことが起こる。

112.「思いきってやる」ということは「勇気」がいる。

113.大手企業のサイトにメールをおくると、担当者の署名がほとんどない。

114.自分中心に世界が動いていると勘違いしているお客様もいる。

115.人から認められたい・・森羅万象 自然の摂理。

116.1日がとても短いと感じるときは、「消去法」で生きているから。

117.心・技・体。・・順番がちょっと違うような、、 心・体・技の気がする。

118.自分で「もうイイヤ」と思った時点で、あなたは最も正当な敗因の理屈を作る努力に時間を使う。

119.あんたの脳、今、ドーパミン出てる?

120.あなたの才能は「あなた」が自分自信で認めたときに初めて開花する。

121.人が複数で行動するときには「強弱」が起きる。

122.数理経済学より必要なもの・・それは「会話」。

123.メールで本音を語れる人、構える人、2通りある。

124.おなか、ぽっこり・・こいつをやっつけるには根気が要る。

125.ウエスト10センチダウン達成!。まいったか。へなちょこ体脂肪!

126.自分がやってもいない、成功してもいない人のアドバイスを信じちゃう人もいる。

127.かっこつけたがる人とお友達になりたい。

128.体の衰えは足腰からくる。ならば鍛えるだけ。

129.あんた、最近、うまくいっていない?・・ならば「やる前に評論」 することをやめよう。

130.MBAは経営戦略の基礎となる。ただ、その前になにか忘れてない?

131.「あきらめるコト」、「絶対にあきらめてはいけない事!」。選ぶのは「あなた」。

132.「気持ち」は「技術」を上回る

133.「世の人の為に」・・とおっしゃるけど、それって「あんただけが得することじゃない?」・・

134.人って心が目つきに表れるんだね

135.臆病という言葉は億の病と訳す。その心は「他人を恐れているようで実は自分を恐れている」・・ならば処方箋はある。

136.オンリーワンもいいけどやっぱりナンバーワンになってみたい。

137.もっとカッコ良くなりたい!もっときれいになりたい!思うだけでなく行動してみると・・・あらら、不思議!!!

138.売れる営業の基本は「売りたい」と思うことではなく「喜んで頂きたい」。

139. でかい声を出して歌をうたった。・・・だから何だって?、、、歌えばわかるよ

140.怒っちゃだめ。怒っちゃだめ・・。自分に言い聞かせてからお話をしたよ。

141.算数が得意な人は計算しない方がいい結果をでるかも。

142.誰だって人に頼りたくなるよ。・・あんたは一匹狼?・・あんたは人間だよ。

143.どーしても自分の都合ばかり主張するあなたから、幸運の女神は去っていく。

144.電器屋さんに行くと必ず体脂肪を計ってみる。げげ〜!肥満!・・あわてて別のメーカーで再度、両手を伸ばすと「やや肥満。」

145.痩せるための行動を何一つしない人が「全然やせない」と言う。

146.Two is company,but three is none.

147.住宅で例えるなら、男は柱。女は基礎。

148.偉そうにしている人は「偉くない」。

149.そろそろ砂糖時である。

150.迷う時。それは選択肢があるから。

151.「気合い」だーーーーーーーー!

152.「後悔」をしているときは、「無理」をしようとしているとき。 

153.ビンボーな人はマネーがあってもなくても「貧乏」。

154.のどが乾いたら、水を飲めばいい。

155.むやみに怒っても、相手は何で怒っているかわからないことが多い。

156.リキムトロクナコトガナイヨ。

157.そろそろイイ思いをしようよ。そのためには・・。

158.「ありがとう!」と言えない人は相手に「ありがとう・・」と言われない!

159.「生意気な人」には生意気な人が近づく。

160.「将来のこと?」....占い師でもわからない。

161.自分が動かなければ何もわからない。

162.責任はあんたに「ない」。ただ、責任から逃れようとしたら「あんたにある」。

163.仕事も勉強もスポーツもライバルは己なり。

164.闇夜のフクロウをサングラスをかけて探そうとする人もいる

165.「は?」という言葉を営業マンが使ったとき、あなたはどう思う?

166.世の中の流れ、それは自然の流れ

167.「やりたいこと」と「やらなくてはならないこと」が同時に発生した場合、あなたの選択によって近未来が確定する!

168.また、今度。・・と言う名の「今度お化け」ってご存知?

169.人から「こうしたほうがいいよ」と言われるのが嫌な人は、何故か人に「こうしたほうがいいよ」と助言したがる。

170.あなたのバリアの大部分は必要ないかも。

171.パクル人は自然になるようになっていく。

172.ペンギンがセーターを着てどーすんの?

173.真夏にスーツの上着を着込んで汗をかいている人ってかっこいいのかなあ・・

174.カラ元気を出している人ってかっこいい!

175.夏は暑くて仕事にならない。冬は寒くて仕事にならない。・・じゃあ秋なら仕事するの?

176.ウルトラマンにはおじさんが入っているよ。怪獣にはおじさん入っていないよ。・・と幼稚園児に言われたらあなたはどーする?

177.中年サラリーマン と機嫌悪そうなOLさんがレストランで食事をしていた。タバコをたて続けに吸っていた。二人は社長の悪口を言っていた。 隣の席では家族連れの赤ん坊がビービー泣いていた。煙まみれで・・。ふたりは泣いている赤ん坊をひややかに見ながらさらにタバコに火をつけた。

177.お客様の為と言いいながら どーしても 自分の会社の為の戦略を打っちゃう営業マンが多い

178.どんなに仲良くなってもお客様は友達ではない。

179.あんた、毎日を大事にしているかい? と言ってくれるお客様。

180.「思う」と「考える」は決定的に違う。

181.人間が一番、つらいこと・・「退屈」。

182.ドアが空に向かって開く車を久しぶりに見た。出てきたのは小太りのおばちゃん。・・かっこいい!

183.なにげない一言が一生を左右する。

184.何もない日はない
185.雪が降ってもアイスコーヒーをオーダーしている。冬でも猫舌。

186.外人さんに「アナタ、シゴト、ヤリスギー。シゴト、アナタノ、ホビーね。」と言われてしまった・・ふぃふてぃ、ふぃふてぃ、かな、。

187.手をあげなければ、指名してくんないよ。

188.言葉は選ぶ必要がある。

189.偶然と言う必然。

190.首が凝った?一気に読むからだよ・

191.記憶力の良い人は遠い過去を思い悩む。

192.運動してる?え?時間がない?・・・そうかなあ・・・

193.人の話が聞けない人は・・・「自分が一番」。

194.サーブを打つとき、「じゃあ、いくよー。」というと「どこへ?」と答える奴がいる・

195.寒くなると思い出す。学生のときに参加したスキーバス「サミーツアー」。本当の名前だよ。

196.でんでん虫とエスカルゴの違いがわからない。でも別に困らない。

197.接客業が苦手なのにWhy?接客業を始めて苦しんでいるの?

198.外人さんとお話をするとき、簡単な英語だけ英語でしゃべり、むつかしい言葉は日本語だ。

199.きっかけは〜。「・・・・・。」CMの力はすごい。でも時代は変わっね。三トちゃん。

200.一言。「二極化は、より進む」。



営業マンが転職するタイミング。


私が以前勤めていた会社に、暑い季節になっても冬物のジャケットを毎日着てくる営業マンがいた。
給料をちゃんともらっているのでスーツを買えないわけではない。
服装に構わないだけ。毎日同じ格好・・いつ洗うんだろう。


頭はフケだらけ。靴は泥が白く乾いてこびりついたまま。爪はのびていて黒い・・・。
この男、胸のポケットから櫛を取り出してベトベトの髪の毛をとかしはじめた。
フケと油でベトベトになった櫛を毛布のようなジャケットの袖になすりつけて櫛をきれいにしていた。

 

ジャケットは、たまったもんじゃない。

しかし、ジャケットだって負けてはいないことに気がついた。
何ヶ月も洗っていないジャケットは、櫛にホコリと汗をプレゼントしたのだ。

 

そういえばいつも上司に怒鳴られていたなあ・・「頭洗って来い!」
「顔洗って来い!」
「お客様のところへ行かないで床屋に行けー」「靴もたまには磨け!」
「ヒゲ剃ってこい!」
「毎日、遅刻するなー!!!」


彼の為にと、「遅刻をした者は一回に付き罰金500 円」という制度を始めた。
が、罰金を入れるガラスのビンはほとんど彼のお金でいっぱいになった。
ビンの中身は1 円玉と5 円玉だらけ。


彼のささやかな抵抗だ。
こんなツワモノの彼は営業を10 年継続したが会社を辞めた。

 

私は思った。

もっと早く辞めておけば彼にとっても会社にとっても良かったのに・・と。



ちょいとコラム

 

■営業職の面白さ

それは自分を出せる、個性を存分に発揮できるということ。
たとえば、帳簿の作成などの事務職は誰がやっても結果は同じ。
営業職は他の営業マンが売れない案件でもあなただから売れたということは多々ある。逆にあなたが売れなくても

他の営業マンが売れたということもある。
こんなに自分の個性を出せて、売り上げ結果から自分を客観視できる仕事はない。

 

■口下手の営業マン・営業ウーマンでも出来るお客様との世間話

 

僕ちんは、おしゃべりじゃないからお客様と話すことが苦手なんだ。

とおっしゃる貴女へ。

 

全然、問題なーい。

 

身近な話題を口にするだけで大丈夫だよ。

 

たとえば、

 

今年はインフルエンザになっちゃう人が早いみたいですね。

予防接種受ける前にインフルになるらしいです、と薬剤師さんに聞きました。

 

お客様はもう予防接種うけましたか?

 

私は注射が苦手なんです・・

 

てな具合でお話したらどうでしょ。

 

■渋柿を甘くする方法


秋です。柿がおいしい季節になってきましたね。

渋柿をとろとろのあまーい柿にしちゃう方法をご存知ですか

 

用意するものは焼酎25度くらいとビニール袋だけ。

 

渋柿のヘタの部分に焼酎をちょびちょびっと振り掛けた後、ビニール袋に入れてきっちりと縛る。

数日で柿が柔らかくなるので食べてご覧あそばせ♪

 

めちゃくちゃ甘い柿になるよ!

 

こんな些細なことでもお客様との世間話のネタになるよ。

 

でも、とろっとろっの柿が嫌いなお客さんには向かないよ。

 

柔らかくて甘い柿はお好きですか?

 

と聞いて、YESなら何個かあなたが上記の方法で甘い柿を作って持って行ってあげると喜ばれるかも♪

 

営業マンがお客様と話すとき、いつでも売り込みだけじゃ疲れるよね。

 

お客様も一緒。

 

たまには楽しい話題作りもいいね。

 

■自分で選べる近未来


スープスパゲティランチを食っていた時のこと。

隣の席の男性2人が話をしていた。
どうやら先輩と後輩のようである。

先輩「この間、クラス会に出たら参っちゃったよ」

後輩「どうしたんですか?」

先輩「ちゃんと仕事をしていて、結婚したり、家を建てたりした奴が多くてさ・・。引け目を感じちゃったよ。
ここは俺のいる場所じゃないよな、と思ったよ。」

後輩「そうなんですか?」

先輩「俺らみたいな、どーしょうもねえ人間はろくでもねえ奴らと一緒にいる方が落ち着くんだ。」

後輩「そうすか」

先輩「スマホの対戦ゲームしようぜ」

後輩「いいすよ」

先輩「用意はいいかい?」

後輩「はい・・あっ、ちょっと待ってください。すべてのアップデートボタンを押したので時間がかかりそうです」

先輩「あ、いいよ」

後輩「・・・・・・・・・・」

先輩「・・・・・・・・・・」

後輩「ん〜。。時間がかかる」
後輩「あと20個です」

先輩「・・・・」

◎売れない営業マンとは!

 

営業職に配属されたがどんなに頑張っても売れない!とお嘆きのあなたへ。

 

売れる営業マンになるための秘策!・・というか単純明快なごくあたりまえのことをお話しするね。

 

「売れる営業マンになるには、自分と相性の合うお客様を徹底的に大切にする」

 

 

そんだけで、どしどし紹介される営業マンになっていくんだがね。

 

 

◎新人営業マンへ、失敗がこわい?

営業先でうまくPRできない?

お客様に叱られるかと思うとどう話したら良いかわからなくなっちゃう?

んなこと、どーでもいいんだよ。

そのうち慣れる。

 

■「嫌われる営業マンになりたくない!」

 

クライアントに嫌われる営業マンはどういう人?

 

私は「八方美人 営業マン」だと思う。

 

いわゆる、薄っぺらな営業トーク、よいしょ連発、必要以上に頭を下げる営業マンを信用できない。

 

時には、お客様が「買いたい!」とおっしゃっても「辞めたほうがいいです」と言えると、嫌われるどころかものすごく信用されるよ!

 

そしてどしどし売れる営業マンになっていく。

 

■「価格は安くしたほうが売れる?」

 

ネットで価格を調べることが出来る時代になったので、どこよりも安くしないと売れない!と思っている?

 

私はそうは思わない。

 

個々のお客様はそれぞれ価値観が違う。
もちろん、安さを求めるお客様もいる。
でも、意思決定の基準が価格ではないお客様も存在する。

 

お客様の価値観を正確に把握して、それに応える努力をしていると売れる営業マンになっていく。

 

■「すぐ動ける?」

 

先日、私は新規のお取引をしたいと思っていた業者さんとお話をした。

 

私からその業者さんに仕事を頼みたいのでお見積りをお願いした。

 

業者さん「明日にはお見積りを送ります。」

 

私「おねがいいたします」

 

4日たってもお見積りが届かないので電話した。

 

私「お見積もりはまだでしょうか?」

 

業者さん「すみません、すぐ送ります」

その日の夜遅く、届いた。

 

*読者の方が私の立場だったら、この業者さんとお付き合いする?


■「売れる営業マンの身だしなみ」

 

濃紺のスーツにピカピカの靴、白か明るめのカラーワイシャツ。
シックなネクタイ。
白い靴下はNG.

 

 

たったこれだけで仕事が出来そうに見える!

まず第一印象を良くすることが大事!!

 


■外壁塗装業の営業マンから学ぶ、売れる営業方法、売れない営業方法、歓迎される営業マン、嫌がられる営業マン。

 

昨日、家に飛び込み営業マンがやってきた。
外壁塗装の営業マン。

 

外壁を塗り替える営業マンの競争はすさまじい。

 

そんな中でも業績を急激に上げている会社がある。

 

その会社の売れる営業方法とは。・・

 

実は簡単な「しくみ」。

 

詳しくはこちら→

 

■ライバル会社と競合・・!

 

よくあるよね・・。


ライバル会社は積極的に売り込んでいる。

さらにうちの商品のデメリットをお客様に話している。

 

よーし、わたしもライバル会社の商品のデメリットを話そう・・と思っている?

 

それじゃあ、ライバル会社と一緒だじょ?

 

■営業に向いていない?

 

自分は営業に向いていない・・。

そう思い込んでいる人が多いです。

実際に営業の仕事をしてみたら意外と向いているかも、と思う人もいる。

 

今、売れなくて、「自分は営業向きじゃないな」と思っている人へ、

 

じゃあ、いっぱい売れたらどう?営業職を続けられる?

 

■就活面接のヒント

 

就活中の大学生が一番気になるのは面接の仕方だと思う。

 

折角、エントリーシートが通ったのに、一次面接でけられる!

 

とても多い。

 

面接ノウハウ本などで覚えたマニュアルトークは面接官にとって、「うんざり」だ。

 

やっぱり自分の言葉を伝えたほうがいいかも。

 

■営業職と事務職の違い

 

就活生へ。

 

企業研究は当然必要だけど、自分のやる気や心構えがすごく大切なんじゃないかなあ。

 

 

 

さて、営業職と事務職について大きな違いは何だと思う?

 

詳しくはこのページで。

 

■営業マンが「へこむとき」

 

ノルマに達成できなくてつらい。

上司に叱責されて元気がなくなっちゃうことはよくある。

 

営業マンが一番へこむときは

 

大事なお客様が自分から離れて行ってしまうことじゃないかな、

 

そんな時、営業マンは

 

「なんであれだけ頑張ったのに・・」

 

「自分の何が悪かったのか見当がつかない」とあれこれ思い悩むだろう。

 

ただ、相手も「人間」。

 

わかんないことは、わからない。

 


だから、考えない。

 

■めんどっちい病が流行中。

 

あーー、面倒だなあ・・

と思うことが多くなってない?

私もそう。

最近は、横になっていた体を起こすのに「よいしょっと」と自然に声が出るようになってきた。


お客様も「めんどくさがりやさん」が多い。


さあ。営業マンであるあなたの出番。

お客様が面倒だと思っていることをあなたがしてあげよう。


恩着せがましくてはいけない。


あくまで自然に行動してお客様に喜んでもらおう。


このことを続けていくだけで、お客様から電話やメールが届くようになってくる。


「買いたい」と。

 

■あなたは謝れない人?

 

自分がしたことで相手に少なからず迷惑をかけてしまうことがある。

 

良かれと思ってやったことや、不可抗力により、結果としてお客様に迷惑がかかってしまったとき、どのような行動を起こす?

 

「自分は悪いことはしていない」と言う理由で謝らない人もいる。

 

でもお客様に迷惑が掛かっているのは事実。

 

小さいクレームの対応次第で本当の意味での「信用」というものが生まれると、私は思う。

 

てなことで、今日、お客様のところに行ってきた。

 

明日でも済むことでしたが早いほうがよい。

 

もし、私がお客様だったら、すぐ対応してくれる方が安心するから。

 

 

::::

年々、月日が経つのを早く感じている。

10代の頃は1年という期間がとっても長く感じられた。

最近は年をとればとれほど、短く感じる。

毎日だらだらと過ごしているわけではないだけど・・。


■お客様からクレームがあったらどうする?


お客様からクレームがあったらどうする?


1.お客様の怒りが静まるまで静観する。
2.すぐに電話する
3.すぐに訪問する
4.メールする


いろんな対処の仕方があり、クレームの内容によってあなたの行動も変わると思う。どれが正解というようには断定できない。


では、自分がしたことには正当性があり、お客様のクレームは理不尽だというとき、どうする?


営業マンがたまに遭遇するやっかいな問題だ。



■営業マン、営業ウーマンが今、すべきこと。


「すべきこと」という言葉は私自身好きではない。


英語ではmust

ちょっと窮屈に感じる。


できれば、、may

が良いと思う。



本題に入るね。

20代、30代、40代、50代であろうと、営業職として、すること。



それはたった一つだけ。



自分の行動、営業トークを、「自分自身にした場合」に買う気になるかどうかを真剣に考えてから実行する。


■「高飛車な人」


「上から目線」の人っているよね、


経営者でも同僚でも先輩でも立場は関係なく、何かにつけて「偉そうに振る舞い」、「言い方がキツイ」・・


そんな人と接しているとき、正直、どう思う?


私は、超むかつく!



ええっ〜、、そんな人、相手にしなきゃいいじゃん、とおっしゃるんですか?


   

高飛車な人ほど、劣等感を持っている。だから他人に強く出ることで自分の無力感を少しでも減らそうとしている・・ということくらい私も知っている。



でも、やっぱ、むかつく。



■「捨てる」ということ


「捨てる技術」が必要な時代になっている。


スタジオジブリの鈴木さんは「いらないものはどんどん捨てる」

捨てなければ良い仕事ができないというようなことをテレビでおっしゃっていた。


私も日頃から、捨てることを意識していたが、ついつい、「あれもこれも」と欲張ってしまう。


捨てるものは書類やモノだけではないと思う。


考えてもしょうがないこと。

悩んでも解決できないこと。

過去の出来事。

元カレ、元カノとの思い出。

自分が「さみしい思いをする」

「悔しい思いがよみがえる」

「自己嫌悪」


このような考えが頭に浮かんで来たら、その瞬間に違う行動を起こしてスパッと頭を切り替えちゃえ♪



■営業テレアポがうまく出来ない人へ


電話営業が怖い。周りの人が聞いていると思うと何もできない・・。



私もおんなじ。


そんなときは電話しなけりゃいい。


無理は禁物。


電話が嫌なら直接、行っちゃえばいい。


お客様のところへ。

私は電話で断られるより、会って断られる方が納得する。



「ガチャ」と切られたらへこんじゃうよ。

会ってお話をすれば、なぜ必要ないのか聞ける。

*******

ぼくの名前は「営業うりぼ〜」。猪突猛進!前進あるのみ!